専業主婦キャッシング

専業主婦キャッシングが失敗する理由

専業主婦キャッシングでの注意点は、「利用できるところを選んで申込む」という点につきます。

 

専業主婦がキャッシングの申込みで失敗してしまう理由には、

 

 1.利用できないカードローンへの申込み
 2.過大な希望額
 3.ウソによる審査

 

などがあります。

 

注意点さへ守れば、専業主婦キャッシングは難しいものではありませんので、理解した上で申込むようにしてください。

 

 

■利用できるカードローンを選ぶ!

 

まず、最も重要になるのは、「専業主婦が利用できるキャッシングを選ぶ」ということです。

 

専業主婦は、総量規制の影響により、消費者金融や信販会社のキャッシングは利用できません。

 

仮に利用できないキャッシング・サービスに申込んだとしても、審査落ちするだけです。

 

そのため、カードローンの「申込条件」などを良く確認するようにし、自分が申込めることを確認してから申し込むようにしましょう。

 

 

■過大な希望額による審査落ち

 

専業主婦は、毎日の家事や育児に追われているかもしれませんが、だからといって「返済能力」があることにはなりません。

 

専業主婦への融資をしている銀行カードローンでも、大半は「30万円以下」の限度額での融資となっています。

 

そのため、100万円・200万円といった無理のある希望額を出すのではなく、30万円以下の少額の希望額を提示するようにしてください。

 

 

■ウソによる審査落ち

 

カードローンの申込審査では、あなたが「信用」できる人かどうかも、しっかりと確認します。

 

簡単にウソとバレる申告をしてしまい、そのことが原因で審査落ちとなることもあります。

 

申込画面に数多くの入力項目がありますが、そのすべてについて正直に申告するようにしてください。

 

専業主婦の利用を認めているカードローンは、バンクイックやレイク、みずほ銀行カードローンなどがあります。

 

即日融資を優先するならバンクイック、時間がかかってもいいなら、みずほ銀行カードローンなど、目的に応じた申込先を選ぶようにしましょう。

女子や主婦とキャッシング。

トレンディなアイテムに注目する女性や主婦たちがいます。 今では多種多様なデジタル機器が販売されています。 女性向けにリリースされるアプリケーションなどもあり、色々と注目されています。 デジタル機器を使用する女性や主婦たちの姿も目立つと言われています。 最近では女性向けにリリースされるハードウェアや製品も珍しくありません。 可愛いボディと拘った装飾が施された製品も販売されています。 女性向けのアイテムは、デザインや装飾に拘りを持たせたものが多い傾向にあるという意見もあります。 専業主婦でも借りれるキャッシングはこちら また近年では女性や主婦のショッピングを支援してくれる クレジット関連・キャッシング関係のサービスが増加して来ているとの見方があります。 ショッピングに便利なカードやアプリケーションを活用する世間の人々もいます。 クレジットやキャッシングのサービスを利用する世間の女子たちも少なくないとされます。 金融や融資のプランを上手に活用するのも、女子の知識かもしれません。 アコムとは、三菱UFJフィナンシャルグループが運営する個人消費者向けキャッシングの事です。 金利は年4.8%〜18%で、最大500万円まで借り入れが可能です。 安定した収入があれば、パートやアルバイト、学生や自営業、主婦の方でも借り入れが可能です。 ただし、学生や主婦の方は融資限度額は少ない事が多いでしょう。 申し込み方法はパソコンやモバイル、むじんくんで有名な専用ATMや提携ATMなどから可能です。 楽天銀行に本人名義の口座があれば、原則24時間いつでも、最短1分で振込みが可能です。 はじめてのアコムというキャッチフレーズの通り、始めて利用する方への対応が丁寧で、 利用者から高評価を得ています。また、レディースナビという女性専用ダイヤルがあり、 女性スタッフが対応してくれるため、初めてでも女性でも安心して利用できます。 また、アコムの審査は他の消費者金融系のカードより通りやすいという評価を得ています。 他で融資を断られた方も一度審査を依頼してみるのもいいかもしれません。 ただの興味本位で、若い頃にアコムのアコム 24時間 審査無人契約機でアコムカードを作ったことがありました。契約そのものは誰にも気兼ねなく出来る無人契約機だったので、非常に快適でした。その時は特に何かのためにお金が必要だったということもありませんでしたが、簡単に現金が手に入ることから、次第に依存することのキッカケとなってしまいました。 誰にでもよくあることかも知れませんが、一時期、海外ブランドを購入することで自分のプライドと欲求を満たすような頃があって、あっという間にアコムでの限度額がいっぱいになってしまい、我に返った時は愕然としました。欲しくなるとガマンが出来ない性格が祟ったこともあって、もう一つ別の業者で作ったカードの方も、限度額いっぱいの状態でした。 幸いにも、気に入ってよく購入していたブランドはリセールバリューの高いブランドだったので、本当に手元に残したいものだけ残し、他のものは現金化して返済に充てるなどの苦労をしました。 ブランドにあこがれること自体は悪いことではありませんが、限度をわきまえることが大事です。 専業主婦がお金を借りるときは、申込んだことが旦那にバレないことが重要です。 旦那が了解した上でのカードローンの利用もありますが、通常は、専業主婦がこっそりと借りているケースが多くなります。 専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるには、  ・自宅への郵送物がない  ・専業主婦でも借りられる  ・旦那の同意なしで借りられる という点をすべて満たしている必要があります。 まず、自宅への郵便物があると、いつ旦那にバレるか分かりません。 申込みからローン返済中までの間、郵送物なしで利用できるのが理想です。 また、専業主婦は、総量規制で利用が限られていますので、総量規制対象外のローンのうち、専業主婦が利用できるサービスを選ばなければなりません。 もちろん、旦那の同意をもらうことは難しいので、旦那の同意なしで利用できることも条件になります。 これらの条件をすべて満たしているカードローンは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。 バンクイックにインターネットから申込み、カード発行をテレビ窓口という自動契約機で受ければ、郵送物なしでの申込みが可能です。 専業主婦が利用できるのはもちろん、利用中の案内なども電子メールで受け取れるようになっています。 専業主婦がカードローンに申込むときは、「借りれるところ」を見つけるようにします。 具体的には、専業主婦が利用できるのは、総量規制対象外の「銀行カードローン」にありますので、銀行のサービスから選ぶことになります。 専業主婦の利用を認めているローンの場合は、貸し付け条件に「原則として」収入があること、という申込み条件となっています。 絶対に収入があることを条件とするローンの場合には、この「原則として」という言葉はありません。 本来は年収があることが望ましいけど、例外として専業主婦の利用を認める場合に、「原則として」という表現になるということです。 具体的に専業主婦が利用できるサービスには、銀行カードローンの  ・バンクイック  ・セブン銀行カードローン  ・みずほ銀行カードローン などがあります。 どのサービスも「原則として」収入があることが求められていますが、専業主婦も申し込めます。 これらのサービスの中では、バンクイックが最も借りやすいのではないかと思われます。 バンクイックのサイトの説明では、はっきりと「専業主婦もお申し込みいただけます」と説明されているからです。 自分が借りれるところを探すのが重要ですので、バンクイックのように、明確に利用できることが説明されていると、安心して申込めるのではないでしょうか。 普段、セブンイレブンをよく利用するという専業主婦も多いと思いますが、セブン銀行にもカードローンがあります。 セブン銀行のカードローンは、総量規制対象外のローンになりますので、専業主婦の申し込みも可能です。 セブン銀行カードローンに専業主婦が申込むときの注意点としては、  ・即日融資ができるかの確認  ・普通預金口座が必要 などになります。 まず、セブン銀行は、「最短10分」というスピード審査に人気がありますが、即日融資ができるのは、セブン銀行に普通預金口座があることが条件になります。 セブン銀行に普通預金口座がないときは、普通預金口座に申込み、カード発行を待つ必要があります。 また、セブン銀行カードローンの利用限度額は、  10万円、30万円、50万円 のいずれかになりますので、限度額が不足することもあるかもしれません。 即日でお金が必要だったり、高額な限度額を希望するときは、セブン銀行のカードローンだけでなく、バンクイックなども検討が必要です。 バンクイックでは、専業主婦の利用も多く、即日で30万円までの限度額が設定されます。 自宅への郵送物もありませんので、旦那にばれずに借入れに成功するのも魅力になるのではないでしょうか。 専業主婦に「お金がない!」というときがあると、家族や子どもに迷惑をかけてしまいますので、早急にお金を借りる必要があります。 お金を借りる方法には、  ・親兄弟に借金を頼む  ・カードローンで借りる などがありますが、時間もかからず、人間関係を悪化させない、カードローンに人気があります。 ただし、専業主婦のキャッシングは、2010年以降、厳しくなっていますので、  1.総量規制対象外ローンを選ぶ  2.専業主婦への融資をしているか確認する  3.家族に内緒にできる方法を確認する という点に注意してください。 まず、プロミスやアイフルのような「消費者金融」のローンは、専業主婦が申し込めないことになっています。 2010年から始まった総量規制により、原則として、年収の3分の1までしか融資できなくなっているからです。 そのため、総量規制対象外のカードローンを選び、専業主婦への融資をしているかの確認が必要になります。 また、インターネットからの申込み、カードは自動契約機で受け取りとすることで、家族に内緒にできます。 誰にも知られずに借りたい専業主婦もいると思いますので、上の点に注意してください。 申込先が決まっていないときは、専業主婦に人気のある、バンクイックのローンがおすすめです。